おすすめ!人気のローションティッシュ比較ランキング

おすすめ!人気のローションティッシュ比較ランキング

メーカー別ローションティッシュ

大王製紙
日本の独立系大手製紙ブランド。

保湿以外の成分「メントール」が配合されている種類も用意されている。

 

 

 

王子ネピア
衛生用紙専門の製紙会社。ティッシュペーパーやトイレットペーパー、キッチンペーパー、紙おむつなどを生産する。

子供用のローションティッシュも用意されている。

 

 

 

日本製紙クレシア
ティシュー・紙おむつやキッチンタオルなどの製造で有名。

ローションティッシュの元祖でもありボックス・ポケットタイプともに用意されている。

 

 

 

カミ商事
新しい「紙のありかた」を追求し、原料の調達から研究・開発、製造、加工、販売、物流までを手掛ける紙の総合商社。

エルモアシリーズにローションティッシュが追加。

 

 

 

 

 

ボックスタイプのローションティッシュを比較・ランキング

【エルモア】ローションティシュー

枚数

200組(400枚)

寸法

縦240mm×横255mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

 

 

【ネピア】鼻セレブティシュ

枚数

200組(400枚)

寸法

縦201mm×横222mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

 

 

 

【エリエール】贅沢保湿

枚数

200組(400枚)

寸法

縦206mm×横223mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

 

 

【エリエール】プラスウォーター(+Water)

枚数

180組(360枚)

寸法

縦197mm×横229mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

 

 

【クリネックス】アクアヴェール

枚数

180組(360枚)

寸法

縦244mm×横310mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

ドラッグストアでセールになっていることが多く、1箱あたりの価格が他の商品の半額以下で購入できるのがエルモア・ローションティシューの魅力です。

 

1箱あたりたっぷり400枚入っているので、家族でたくさん使いたい時にはとても便利ですし、花粉症や風邪など、ティシューが大量に必要になる時期には大活躍してくれる商品です。

 

素材には 高級ピュアパルプ100%を使用していて、まるでビロードのような肌触りに加え、たっぷりと空気を含んでいるから敏感肌や赤ちゃんの肌でも痛くなりません。

 

肌に優しくシットリとした使い心地が人気の理由となっています。

 

また、保湿成分には木イチゴエキスが配合されているので、使うたびにほんのり爽やかな香りも楽しむことができます。

 

 

 

 

 

ポケットタイプのローションティッシュを比較・ランキング

【ネピア】鼻セレブ

枚数

12組(24枚)

寸法

縦115mm×横155mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

 

 

【エリエール】贅沢保湿

枚数

14組(28枚)

寸法

縦207mm×横210mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

 

 

【エリエール】プラスウォーター(+Water)

枚数

14組(28枚)

寸法

縦207mm×横210mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

 

 

【エリエール】贅沢保湿 鼻爽快メントール

枚数

12組(24枚)

寸法

縦207mm×横210mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

 

 

【エリエール】ローションティシュー Ufu

枚数

10組(20枚)

寸法

縦207mm×横210mm

⇒製品の説明ページはコチラ

 

 

 

ソルビットと天然グリセリンのダブル保湿によって、肌をヒリヒリさせないネピアの鼻セレブ。

 

販売価格は決して業界最安値と言うわけではありませんが、その品質の高さと優しい使い心地で、人気No.1の売れ筋商品となっています。

 

天然スクワランオイルが入っているので、敏感肌や赤ちゃん肌でも安心して使えます。

 

また、風邪や花粉症などティシュがたくさん必要になる時でも、肌が赤くなったり痛くなる心配がありません。

 

他のポケットティシュと比較すると、ティシュ1枚の大きさが約4倍と、とてもビッグサイズなので、広く使いたい時にはとても便利です。

 

バッグの中に入れてもぐちゃぐちゃになりにくく、すぐに取り出して使いやすいのも人気の理由となっています。

 

ソフト包装になっているため、かさばることもなく、車やデスクの中に入れて置いて使う方も多いようです。

 

 

 

 

 

通常のティッシュとローションティッシュの違いとは?

ローションティッシュは、ティッシュの素材に保湿成分が配合されているのが特徴のティッシュです。

 

通常のポケットティッシュのような形で販売されていますが、表面の凹凸が少なく滑らかで、肌に触れた時の肌触りもとても心地よいのが特徴です。

 

ウェットティッシュのように湿っているわけではありませんが、通常のティッシュほどカラカラに乾いているというわけでもなく、なんとなくしっとり感があるかなと言う程度の違いがあります。

 

保湿成分がたっぷり入っているローションティッシュは、花粉症等アレルギー症状で悩んでいる人にオススメです。

 

まるでシルクのようななめらかな肌触りで肌への負担を軽減してくれますし、乾燥肌や敏感肌の人でも肌が赤くなったりすることなく使えます。

 

 

 

ティッシュを使った正しい鼻のかみ方

鼻をかむ時にティッシュを使うのは誰もが実践していますが、どんな風にかむのが正しいかみ方なのかを知っている人は意外と少ないものです。

 

鼻がグズグズした時に、やみくもにティッシュを掴んでチーンと噛んでいる人が多いのではないでしょうか?

 

ティッシュを使って片方ずつかむのか、それとも両方いっきに噛むのか、呼吸はどうするのか、誰もが気軽に行う「鼻をかむ」と言う動作ですが、実は正しい方法で行うことがとても大切です。

 

間違った方法で鼻をかんでいると、鼻血が出てしまったり、時には耳が痛くなってしまうこともあります。

 

ティッシュで鼻を覆って一気に思い切りかむと、耳の中の圧力がバランスを崩し、耳管の機能障害や中耳炎になってしまうこともあります。

 

また、最悪の場合には気管支炎や肺炎などを引き起こすことがあるので注意しなければいけません。

 

正しい鼻のかみ方は、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

 

 

柔らかいティッシュを用意

まず、ティッシュはできるだけ柔らかいものを選びます。

 

 

 

呼吸を整える

次に鼻をかむ直前には口から息を吸い込んで空気の力で鼻水を押し出すように呼吸を整えましょう。

 

 

 

片方ずつかむ

両方の鼻を一度にチーンとするのではなく、片方ずつゆっくりかみます。

 

 

 

数回に分けて出す

一度ですべてを出し切ってしまうのではなく、何回かに分けたほうが耳にかかる負担が小さくなります。

 

 

 

顔の向きを意識する

鼻をかむときは「顔の向き」も大切です。

 

下を向いたり正面を向いたり、鼻をかむ時にいちいち顔の向きを考えたことがある人は意外と少ないと思います。

 

ですが、実は左の鼻をかむ時には右斜め下を向いて噛むのが効果的と言われています。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

鼻下の荒れをスベスベに治すケア方法

以上、ローションティッシュの種類や使い心地に関してご紹介しました。


各メーカーのローションティッシュの特徴についてもお分かりいただけたと思います。


最後に、肌に優しいローションティッシュを使っていても鼻下が荒れてしまった、ヒリヒリするという方には、鼻下の荒れをスベスベに治すケア方法をご紹介します。


敏感になってしまった皮膚を正常に戻す効果もあるので、もともと敏感肌の方でも安心してケアできる方法です。


きっと、1日も早い鼻のかみ過ぎによるかぶれ・痛み・かゆみの解消に役立つはずです。



>>【敏感肌でも安心】簡単に鼻下の荒れをスベスベに治すケア方法!<<